株式会社ピアレックス・テクノロジーズ
新築・リフォーム時に光触媒で外壁の汚れを防ぐ

光触媒塗料コンクリート表面処理のピアレックス

ピアレックスTV

 
 
コーティング材の開発とその施工部門を始めて以来、当社では「今までにはない独創技術で社会に貢献する」という根源的な理念を唯一の動機として事業を進めてきました。当社の「光触媒コーティング剤」はその成分や性能が全く独自のものであるという点でその端緒となる製品です。平成17年より更に多くの技術開発陣が加わり、より独創的な新技術をこれからも続々とご提供できるものと確信しています。一般的に大手化学会社は研究員を化学のごく狭い分野の専攻で固める傾向がありますが当社研究員の専門分野は建築、高分子、電気化学、薬品等に広く分散しているのが特徴です。ポアンカレの法則は「新発明は既存技術の組み合わせからしか生まれない」と技術開発の核心を鋭く指摘していますが、当社研究員のこの多彩な専門分野を組み合わせて今後も他社では発想できない製品・工法をご提供する所存ですので今後更にご期待ください。
 
We Pialex Technologies have been devoted much of our efforts to the development of state-of-the-art products and their application technologies full of unprecedented originalities to contribute to the society since we embarked on the coating business. Our photocatalytic coating must be regarded as the vanguard of our aforementioned endeavor. Our R&D activities should be accelerated further by the newly joined research members this year, who have miscellaneous specialties ranging from architecture, electrochemistry to pharmacy. As frequently mentioned and confirmed, referring to the so-called "Poincare's rule", technological advancement can only be achieved by the combination of present technologies. Therefore we are now in the most desirable position in this business field to contrive completely new technologies by our various brains I would be very honored to have the opportunity to introduce you ,our present and future customers , our brand new technologies and products from now on.
 
 
取締役会長 北村 透 ( Kitamura Tohru )

1957.07.06 大阪生まれ
1980 大阪大学応用化学科を首席で卒業
1982 大阪大学応用化学研究科修士了
大日本インキ化学工業入社
フッ素樹脂塗料の開発に従事
1992 東邦建業(株) (旧社名)入社 代表取締役に就任
2015.5 取締役会長に就任

学生時代の専攻は電気化学(執筆論文7件)。会社員時代の専門は高分子と塗料化学。 そして現在の主業務は塗料の施工技術開発であり、顔料、塗料、その応用技術に豊富な 経験がある。