株式会社ピアレックス・テクノロジーズ
新築・リフォーム時に光触媒で外壁の汚れを防ぐ

光触媒塗料コンクリート表面処理のピアレックス

ピアレックスTV

 
 
ピュアコートには光触媒フッ素コーティングとして優れた防汚機能、下地保護機能がありますが、下地処理や建物の構造、環境により、汚染防止効果が十分に発揮できない場合があります。不具合が起こりやすい例と対処法をご提案いたします。
 

無機質系の汚れ
光触媒は有機物分解が特徴ですが、逆に無機質系の汚れを分解することができません。
無機質系の汚れ…錆、エフロレッセンス、土砂、黄砂など。
また、分子量の大きすぎる有機物も光触媒反応での分解速度が遅くなるため、実際には「効果がない」と見なさざるを得ません。
例:松やに等の自然樹脂、落書き

汚れの負荷が大きい箇所、建物構造上汚れが集中するような箇所
下地の中から染み出る汚れ(土留めなど)
カビ、藻
光が当たりにくい湿潤環境に発生します。光触媒には十分な光(紫外線)と水が必要ですが、光の当たりにくい箇所ではカビや藻の発生する力の方が大きく、完全に抑えることは難しいと考えます。
 
シリコーン・シーリングから滲み出るシリコーン・オイルは量が多いので、光触媒では完全に分解しきれません。
 
 
バルコニー内側
左のように天端が内勾配で水の流れがあり、かつ直接光の当たりにくい箇所は光触媒でも完全に汚れを抑制するのは困難です。
 
塀の天端が内勾配
施工1年経過で少し雨筋が発生した例です。光触媒効果で汚れを抑えているものの完全に抑制するのは困難です。