株式会社ピアレックス・テクノロジーズ
新築・リフォーム時に光触媒で外壁の汚れを防ぐ

光触媒塗料コンクリート表面処理のピアレックス

ピアレックスTV

ピアレックス社の光解媒コーティング材に共通する基本概念をご紹介します。
 
 
ピュアコートANシリーズは、光触媒機能を持ったフッ素樹脂クリヤーコーティングです。光触媒反応は有機物を分解します。この性質のために、当社以外の一般的な光触媒塗料は、無機系樹脂を塗料化のためのバインダとしています。
ピュアコートANシリーズの違いは、唯一、光触媒に分解されない安定した有機系のフッ素樹脂を使って塗料化していることです。従来の無機系光触媒の問題点とされる
(1)塗が硬く伸張性に乏しい
(2)1μm以下という超極薄の膜しか形成できない
(3)塗膜が一般的な有機系樹脂(アクリル、ウレタン、フッ素樹脂)と密着できない
   などを解決した画期的なコーティング材です。
 
 
光触媒による汚染防止機能、大気浄化機能など一般的な光触媒塗料の特長に加え、フッ素樹脂塗膜に紫外線(UV)吸収剤を添加することで、確実に外壁塗装面の劣化を防ぎます。一般的光触媒塗料や低汚染塗料にはないピュアコート独自の特長です。
 
 
伸張率330%もの弾性を持つ唯一の光触媒コーティング材。
下地が弾性塗料や防水材でも収縮を阻害したり、ひび割れを起こしにくいから長寿命。
無機系塗料に見られるような経年塗膜割れがほとんど発生しない。
収縮性の高いシーリング材とも抜群の相性を誇ります。
 
 
フッ素樹脂クリヤーで2μm〜最大5μmの膜厚実現。
耐久性はもちろん、施工性も抜群です。
 
 
ベースとなる樹脂は、フッ素樹脂の中でも最もフッ素含有量の高い、
4フッ化エチレンフッ素樹脂をベースとしています。
 
 
下地を光触媒分解反応から守る「保護層」が不要。
有機物との抜群の密着性で1層コートの製品もラインナップ。
 
 
一般的な光触媒塗料は、光励起といい、紫外線に照射され数日経過してから親水性が発現します。ピュアコートANシリーズは、親水性フッ素樹脂の特長で、塗膜乾燥直後から高い親水性を発現します。だから塗装忘れ防止、迅速な出荷チェックが可能です。
 
 
 
 
 
光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)が当たると、酸化チタンに活性酸素が生じ、この活性酸素が塗膜に付着した有機物を分解します。
 
太陽の光を受けると塗膜の中の酸化チタンが活性酸素を生み出します。この活性酸素が汚れを分解し、汚れの付着力を弱めます。
 
 
 
 
 
 
親水性とは、水を弾く撥水性と逆の現象で、表面に水がなじみ、水滴にならず水膜ができる現象です。外壁の汚れの原因は雨水に含まれる大気汚染物質が壁に付着するからです。撥水性の表面では水は弾きますが雨の水滴の中に含まれる汚染物質は付着してしまいます。
親水性表面では、雨が降ると、そうして付着した親油性物質を水膜で浮かして洗い流す現象が起こります。(1)の分解力と併せて、光と水による「セルフクリーニング効果」といいます。
また、ピュアコートANは、親水性フッ素樹脂の特長で光が当たらない箇所でも親水性を発現します。
 
 
 
 
 
塗膜自体が導電性を持っているため、静電気を防いで乾燥状態でもチリ・ホコリが付きにくくなります。
 
 
 
光触媒は高い分解力のため、塗料の樹脂までも分解してしまいます。例えば、一般的な塗料樹脂であるアクリル、ウレタン、など、骨格がC(炭素)−C(炭素)、C(炭素)−H(水素)などでは結合エネルギーが光触媒反応エネルギーより低いため、簡単に結合が切られてしまいます。
ピュアコートのバインダ樹脂は4フッ化エチレンフッ素樹脂といって、C(炭素)−F(フッ素)結合が骨格であり、これは無機系光触媒塗料のSi−O結合を上回っています。
ピュアコートは無機系樹脂よりも光触媒に対して安定であり、かつ紫外線にも強い塗料です。
 
C−F結合 486KJ/mol(116kcal/mol)
(ピュアコートANシリーズの骨格)   
Si−O結合 444KJ/mol(106kcal/mol)
(無機系塗料の骨格であるシロキサン結合)
 
 
光触媒に分解されないフッ素樹脂の正体は?
実は、正式名称は「フッ素樹脂系イオン交換樹脂」(PTFEパーフルオロスルホン酸グラフト重合)と称し、米国デュポン社が製造しています。(商品名「Nafion®」)
これは、主に、燃料電池内部の固体電解質や食塩電解のセパレータとして使われています。燃料電池内部の電気エネルギーに耐える樹脂ならば、光触媒反応エネルギーにも耐えるはず!というのが着目点で、ピアレックス・テクノロジーズが世界で初めてイオン交換樹脂を光触媒塗料用途に転用しました。
このイオン交換樹脂の骨格はフライパン加工に使われるフッ素樹脂とよく似た骨格で、実績のあるフッ素樹脂ですからご安心してお使いいただけます。